スポンサードリンク


海外旅行プロの日記サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

海外旅行プロの日記サイトトップ >クレジット 海外旅行 為替レート >>海外旅行でクレジットカードを使う際に注意したい為替レートについて

海外旅行でクレジットカードを使う際に注意したい為替レートについて

海外旅行でクレジットカードを利用して買い物をした場合のレートは、決済処理をした日の為替レートになります。
クレジットカードを利用した日だと勘違いしがちなのですが、そうではなく、基本的には利用したデータが各カード会社に届き、支払処理等を行った日になるので注意が必要です。

このあたりについては、特に各社の処理の違いによって、為替レートが変わってきますので、代表的なものを例に上げて、いくつか説明していきたいと思います。

例えば、海外旅行で住友VISAのクレジットカードで買い物の支払いをした場合、その利用データが各国のVISAセンターから米国の決済センターに到着した日を基準レートとし、海外利用に関わる事務処理コストとして1.63%をプラスしたレートで日本円に換算されます。

また、JCBのクレジットカードで支払いをした場合には、JCBが海外の加盟店などに支払い処理を行った日を換算日とし、換算日の為替レートを基準に、海外利用に関わる事務処理コストとして1.60%をプラスした換算レートを適用し、日本円に換算されます。

イオンカードのクレジットカードで支払いをした場合は、VISA、MasterCardでは、それぞれの決済センターで決済時に適用したレート、JCBでは上記の基準レート、それぞれに事務手数料1.60%を加えた日本円換算額となるわけです。

これまでの説明を見ての通り、提携元によりやり方が変わってくるので、海外旅行でクレジットカードを使う場合は、ANAカードやJALカード、楽天カードなど、ポイント還元のあるカードを利用するとポイントも溜まりお得です。


ショッピングではなく、海外でATMからクレジットカードでキャッシングをした場合は、会社によって若干異なりますが、利用日か数日後のレートが換算レートとして利用されています。海外キャッシュサービスを利用した場合は、事務処理コストはプラスされません。

為替ルートについては、このような仕組みになっている状況によって使い分けると非常にお得です。
例えば、円高傾向の場合は、ショッピング利用でクレジットカード払いにするのがお得ですし、逆に円安傾向の場合は、利息が付かない現金の方がお得と言えます。


スポンサードリンク

プロフィール

海外旅行カードのプロ

Author:海外旅行カードのプロ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。