スポンサードリンク


海外旅行プロの日記サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

海外旅行プロの日記サイトトップ >クレジット 海外旅行 為替レート >>海外旅行でクレジットを利用すると…為替レートはどう関係するの!?

海外旅行でクレジットを利用すると…為替レートはどう関係するの!?

クレジットカードを海外旅行で使用した場合、影響する為替レートは「決算処理をした日」のレートになることが多いようです。クレジットカードを「実際に使用した日」ではなくて、「会社にカード利用のデータが届いた日」のレートで換算されます。

海外旅行の際、クレジットカードでショッピングの支払いをした場合には、その店舗が「請求データを発生した日」が基準となるのです。「住友VISA」のクレジットカードで、海外旅行中の支払いなどをした場合には、「決済センター」にデータが到着した時点でのレート+「事務手数料1.63%」を足した「日本円換算額」が私達への請求額となるのです。

JCBのクレジットカードを海外旅行で使用し支払いをする場合には、「JCB」が加盟店などに「支払い処理をした日」を基準レートにします。そしてこちらも「事務手数料1.60%」をプラスして日本円換算額を出し、それを私達利用者に請求します。


イオンカードのクレジットカードを用いて海外旅行で支払いをした場合には、「VISA」「MasterCard」だとそれぞれの決済センターで「決済時」に適用したレートで計算します。「JCB」の場合は上記の基準レートに、「事務手数料1.60%」をプラスした額が日本円換算額として請求額に計上されます。

海外旅行の際、クレジットカードを利用してATMからキャッシングをすると、それぞれの会社によって異なるのですが「利用した日」か「数日後のレート」を換算レートとして利用するようです。

海外旅行でクレジットカードを使う場合は、ポイント還元のある「ANAカード」や「JALカード」「楽天カード」などのカードを利用すると、貯まったポイントで買い物が出来たりするので更にお得です。

海外旅行の時期に円高傾向である場合は、レートを上手に活用してカード支払いにすると得出来るようです。逆に円安傾向の場合には、利息が付かない現金を使用すると得でが出来るので、為替レートは常日頃から意識しておくと良いでしょう。





スポンサードリンク

プロフィール

海外旅行カードのプロ

Author:海外旅行カードのプロ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。